いどうスーパーロンドンとは?

いどうスーパーロンドンとは・・・・

①中山間地域にお住まいの方々に、お買いものの機会を提供する移動スーパーです。車の中には400種を超える食品や日用品が陳列されています。大型冷蔵庫完備(保健所認可)だから、安全安心です。人気ナンバー1は30種類を超えるお総菜!真夏にはアイスクリームも飛ぶように売れます。一年中タネ物も持っていますので、中山間地域の農家の方々のちょっとしたお買いものに役立っています。

②2013年11月11日より営業を開始しました。

③現在の主な巡回エリアは岡山県岡山市北区、加賀郡吉備中央町、久米郡美咲町、真庭市、美作市、倉敷市です。

④一日の走行距離は70~160km。月曜日から金曜日まで、定期的にお客様の御自宅に巡回しております。

⑤自治体との連携は、訪問型介護予防事業(吉備中央町)の委託契約事業所として、高齢者への見守り活動を行っております。また、岡山北警察署管轄内の「犯罪の起きにくい社会づくり」推進事業所となっており、利用者への防犯情報の提供」「子供の見守り活動」「高齢者宅へ訪問した際の安否確認、および犯罪情報の伝達」するなど、防犯活動も行っています。その他、岡山市北区地域包括支援センター(御津)や倉敷市市民活動推進課や総社市社会福祉協議会に対し、利用者に異変が見られた際には緊密に連絡を取り合う旨を確認しています。

⑥平成27年度岡山県備前地域ソーシャルビジネス創出応援事業において、「優秀賞」に選ばれました。

⑦平成29年度岡山県備前県民局「地域づくり推進賞」受賞。(株式会社としては、キリンビール様についで2社目の受賞。)

★「なぜ、移動スーパーを始めたのか?」★

2011年、店主はドイツ・フランクフルトで就労していました。仕事内容は、午前中は市内の日系企業へのお弁当製造・配達。午後からは、市内や郊外に住むドイツ人・日本人宅への日本食材やお惣菜を移動販売。毎日100軒を超える個人宅を巡回し、アウトバーンを走っていました。土曜日、日曜日には日本人観光ツアー客用弁当作り(500個)や各種イベント出店(ドイツ各所)を経験し、休日のない現場での勤務はまさに、「修行」と呼べるものでした。

2012年、帰国。同年、吉備中央町福祉課および地域包括支援センターと「訪問型介護予防事業(配食サービス委託契約)」を交わし、お弁当の製造、配達を開始。このお弁当配達を通じて出会った、ある年配の女性とのふれあいが移動スーパー開始へのきっかけとなりました。

拠点から車で30分。人里離れた山奥で生活するその80代のお客様は、お弁当を配達するたびに、「まぁ、これでも食べねぇ。」とフルーツゼリーや飴をプレゼントしてくれました。そして15分ほどお話をし、「ではまた来ますね。いつもありがとうございます。元気でいてくださいね。」と告げ、握手をすると、毎回その手を離さなかったのです。そして目を閉じ、「私はこうやって話が出来るのが本当に嬉しいんよ。」と、本当に嬉しそうに言ってくれました。たった15分のために毎回化粧をしてくれていたり、お見送りの際には、足腰が不自由にも関わらず、毎回杖をついて玄関先まで出て手を振ってくださっていました。

この時、「ご年配の方の生活では、こうして人と会うことがとても嬉しいのではないか。このように喜んでいただけることにより、さらに健康的になり、生活の中に+αのしあわせを感じていただけるのではないか?」と感じ、自分の経験の中で何が出来るのかと考えた時に、ドイツで経験していた移動スーパーを始めようと決断しました。

いどうスーパーロンドンのモットーは「いつもあなたのそばに。」です。私たちは、利用者の皆さまの玄関先までお伺いし、商品の販売をしています。中山間地域では坂道が多く、特に高齢の方々にとっては、その道を歩くには足腰に負担がかかります。そのため、私たちは玄関先までお伺いしています。利用者の中には、寝たきりのお客さまや目が不自由な方もいらっしゃいます。これは、玄関前やベッド脇まで商品をお持ちし、お買いものの機会を提供しているからこそ、実現しています。

また、私たちはお買いものだけではなく、「お話をする」ことも大好きです。皆さまとのお話をする時間こそが、私たちの原動力!皆さまと笑顔で言葉を交わせる。そして、「いつもありがとうございます!また来週もよろしくお願いします!」と笑顔で別れる。そんな笑顔の時間こそが、私たちのパワーの源です。

いつも皆さまのそばに感じていただけるよう、ご利用の日以外でも、要望があれば希望日にお伺いしております。この「手間を惜しまないサービス」こそ、私たちの最大の強みです。

いどうスーパーロンドンの夢は、この社会から「買い物弱者」という言葉が消えることです。つまり、皆が買い物に困らない社会になること。その夢の実現のために、皆さまひとりひとりとの時間を大切に、今日もおなじみの音楽と共に、あなたのもとへと向かいます。

いつも本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。

Copyright © 株式会社ケンジャミン・フランクリン. All Rights Reserved.